戦争秘話、日本は米本土を3回も砲撃していた

アメリカのどこ?驚きの「被害総額」は?

横浜沖を航行する帝国海軍艦隊(写真:AP/アフロ)
第二次世界大戦でアメリカ本土を砲撃した国があるのをご存じだろうか。
アメリカは第一次、第二次世界大戦の参戦国でありながら、本土を一切危険にさらしていないイメージが強いが、実はこれは誤りである。
真珠湾攻撃から間もない頃、日本の横須賀を出航した一隻の潜水艦が、アメリカ西海岸を「砲撃」し、実際に被害を与えていた。
作家の佐藤優氏が「座右の書」として外交官時代、肌身離さず持ち歩いていた「伝説の学習参考書」が、全面改訂を経て40年ぶりに『いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編』『いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編』として生まれ変わり、現在、累計15万部を超えるベストセラーになっている。
本記事では、同書の監修を担当し、東邦大学付属東邦中高等学校で長年教鞭をとってきた歴史家の山岸良二氏が、「アメリカ本土砲撃」を解説する。

アメリカ本土も「無傷」ではなかった!

佐藤優氏が30年間、たえず読み返してきた「座右の書」であり「最高の基本書」。「伝説の学習参考書」と呼ばれる『大学への日本史』が読みやすくなって、しかも最新情報で新登場!

「日本軍がアメリカ本土を攻撃していた」

そう聞いて「それは風船爆弾のことでしょ?」と答えるのは、かなりの歴史好きかもしれません。

和紙でつくった風船に、爆弾と焼夷弾を装着し、千葉や茨城、福島から打ち上げた「風船爆弾」は、偏西風にのってアメリカ本土はおろかアラスカからメキシコにまで到達しました。

第二次世界大戦中、日本やヨーロッパ、アフリカ、アジア諸国が戦場になり、多くの都市が破壊される一方で、アメリカ本土は戦場になりませんでした。

そのため「アメリカ本土=無傷」というイメージが強いのですが、じつは「日本軍はアメリカ本土を攻撃していた」のです。しかも、海路アメリカ本土へ肉薄しての「砲撃」だったというから、なお驚きです。

今回は、「知られざる戦争秘話」ということで、日本軍による「アメリカ本土砲撃」をテーマに、詳しくその実態に迫ってみたいと思います。

次ページアメリカ本土の「どこ」を攻撃?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。