サムスン復活?第2四半期は営業利益18%増

下期も堅調な業績を予想

 7月28日、韓国のサムスン電子の第2・四半期決算は、営業利益が前年同期比18%増の8兆1000億ウォン(71億7000万ドル)で、スマートフォンが寄与し2年超ぶりの高水準となった。写真はサムスンのロゴ、2010年4月ソウルで撮影(2016年 ロイター/Jo Yong-Hak)

[ソウル 28日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>の第2・四半期決算は、営業利益が前年同期比18%増の8兆1000億ウォン(71億7000万ドル)で、スマートフォン(スマホ)が寄与し2年超ぶりの高水準となった。

モバイル部門の営業利益は4兆3200億ウォン。前年同期から57%増え2年ぶりの高水準となった。

売上高は4.9%増の50兆9000億ウォン。純利益は5兆8000億ウォンだった。

一方、半導体部門の営業利益は22%減の2兆6400億ウォンとなり、2014年第3・四半期以来の低水準に落ち込んだ。家電への需要が全般的に弱く、半導体価格が下落したことが影響したとみられる。

<下期『堅調』予想>

サムスン電子は今年下期について、部品需要の拡大がスマホ利益率への圧力を相殺すると予想、引き続き堅調な利益が見込まれるとした。

サムスンは米アップル<AAPL.O>の「iPhone(アイフォーン)」向けに半導体部品を供給している。今後の新製品の発売で半導体部門の業績は改善する見通しという。

モバイル部門の売上高は第3・四半期も力強い水準が続くが、競合他社が新モデルを発売する中、販促費が増大するとの見通しを示した。

サムスン電子は声明で「下期については、上期との比較で堅調な業績が続くとみている。部品事業の利益拡大がけん引する」と強調した。

サムスン電子はまた、1兆7900億ウォン相当の自社株買い戻し・消却を発表。中間配当は普通株1株当たり1000ウォンとした。

<新製品発表へ>

同社は、スマホ「ギャラクシーノート」の新製品を来週発表する見通し。アップルは新型「iPhone」を9月に発売する予定だが、サムスンはその1カ月前には発売する可能性が高い。

この日のサムスン株は1.3%下落。海外勢がウォン高の影響を懸念しているという。

IBKアセット・マネジメントのファンドマネジャー、Kim Hyun-su氏は「好調な業績が続くだろう」と予想。年内は四半期ベースで7兆━8兆ウォンの利益を維持するとの見方を示した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。