親族大反対!「熟年再婚・相続」ここで揉める

どこまでが「相続人」?紛糾する典型パターン

親が晩年を幸せに過ごせるのはいいけれど…(写真:ふじよ/ PIXTA)

「熟年離婚」あれば「熟年再婚」もあり――。親が晩年を幸せに過ごせるのはいいけれど、心配になるのが、遠からずやってくる遺産相続の問題。母親が熟年再婚したというミキさん(29)もそんな悩みをもつ1人です。

ミキさんの母(57)は最近、以前から交際していた男性(60)と結婚しました。男性は10年ほど前に、前妻と死別していますが、前妻の実家とは、大学生の長男・タカシさん(19)を介して交流が続いています。

「金目当て」「泥棒猫」…前妻の親族が大反対

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

しかし、男性が再婚しようとすると、前妻の親族が大反対。ミキさんの母親のことも「金目当て」「泥棒猫」とののしる始末だったそうです。さらに、前妻の親族は、タカシさんにミキさんの母親の悪口を吹き込んだり、資産状況の確認を企てたりしているようです。

ミキさんがいま心配しているのは、親の遺産相続で、いつの日かタカシさんと紛糾するかもしれないこと。ミキさんの母親も、タカシさんの父親も、不動産などの財産を所有しているからです。

しかし、ミキさんとタカシさんが顔を合わせる機会はほとんどなく、連絡先も知りません。「どことなく避けられているような気がして、万が一のとき、タカシさんとうまく話し合いをすすめる自信がありません。前妻さんも資産があったようなので、その財産が、タカシさんではなく、うちの母にいくことを好ましく思わない人もいるかと思うので……」と、ミキさんは不安を口にします。

次ページ連れ子が相続人になるには?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
これから伸びる中学・高校<br>大学入試改革で激変!

2020年にセンター試験廃止。新テストでは知識の暗記は通用せず、思考力が試される。子どもを行かせるなら、私立進学校か、名門公立か。これからの学力を育てる学校を一挙紹介。