105円突破でも私が日本株を買わない理由

トレンドが出るまで無理に動く必要はない

2014年10月に円安が進んで1ドル105円台になった時、1ユーロは136円台だった。今はいくらか。本文を読むとわかるが、それだけ欧州リスクが消えていないということだ(AP/アフロ)

前週の日本株は5日続伸となり、すべての日が上昇するという堅調な値動きとなった。政府による景気刺激策に加え、永久債やヘリコプターマネーに関する話題で盛り上がり、市場の雰囲気は一変した格好である。

一部には「アベノミクス相場第2弾」との声が上がるなど、これまでの弱気な見方を払しょくするかのようなはしゃぎぶりだ。日経平均株価が1万5000円を割り込み、相場が崩れる一歩手前で買い支えと思しき動きがみられ、これをきっかけに下げ渋ったところに、上記のような材料が出たこともあり、市場の期待が高まるのも無理はないだろう。

「円高トレンド」は変わっていない

だが16日の早朝には、トルコでのクーデターのニュースが飛び込んできた。これを受けて、NY市場の終盤には、ドルが買われ、欧州通貨が大きく売られる事態となった。この結果、クロス円にも売りが出て、円は大幅に上昇、1ドル104円台にまで急騰した。まさに「安全資産の円」の面目躍如である。

このような事象を見ても、市場では依然として円は安全資産であり、リスク回避先通貨であることに変わりない。そのため、常に何かしらのリスクが存在する現在の市場においては、常に買いの対象になりやすい。そのため、積極的に売り込みにくい。つまり、常に潜在的な上昇圧力にさらされているといえるだろう。

ドル円は1ドル100円割れの水準から、心理的な節目の105円を突破、106円前後にまでドル高が進んでいる。だが、それでも大局的なトレンドは何も変わっていない。

次ページ当面のドル円のポイントは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。