LINE社長「陣取り合戦はほぼ終わった」

当面アジア4カ国に注力

 7月15日、LINEの出澤剛社長は上場会見で、「メッセンジャーの世界での陣取り合戦はほぼ終わった」との認識を示し、当面は月間アクティブユーザー数(MAU)が順調に伸びている日本と台湾、タイ、インドネシアの4カ国に注力する方針を示した。写真は都内で15日撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 15日 ロイター] - LINE<3938.T>の出澤剛社長は15日の上場会見で、「メッセンジャーの世界での陣取り合戦はほぼ終わった」との認識を示し、当面は月間アクティブユーザー数(MAU)が順調に伸びている日本と台湾、タイ、インドネシアの4カ国に注力する方針を示した。

出澤社長は「開始当初は全世界をターゲットにしてきたが、2015年あたりに戦略を大きく転換した」と説明。「この状況の中で新しい国に展開していくのは成功確率が低い」との判断から、当面はトップシェアの日本、タイ、台湾と、トップを狙える位置にいるインドネシアの4カ国に注力していく姿勢を示した。

LINEの3月末のMAUは2億1800万人。4カ国以外が足を引っ張り全体では伸び悩みの傾向にあるが、4カ国は12月末から700万人増の1億5200万人と順調に拡大している。

出澤社長は「近い将来、われわれがやっているポータル型のLINEがあれば何でもできるようなサービスがニーズとしては強くなる」との見通しを示し、「そのタイミングまでに4カ国でスマートポータルを完成させる」と語った。「シェアが固まると非常に強固なモデルになるのがメッセンジャーの特徴だ。これは容易にリプレースできない」と述べ、先行きに自信を示した。

*内容を追加しました。

 

(志田義寧)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
リクルート<br>覚悟の海外展開

リクルートの海外事業が絶好調だ。海外の人材派遣事業を買収し、急成長している。目標は2020年までに人材事業で世界一。海外事業をゼロから育てた2人のキーマンに迫る。