「やんちゃ坊主に悩む親」に教えたい発想転換

男の子は、育てにくい子ほど良く伸びる!

わんぱくすぎる息子でも、しかりすぎは禁物です(写真:マハロ / PIXTA)

良い性格、悪い性格なんてものはない

いきなりですが、おめでとうございます!

男の子、しかもちょっとクセのある「育てにくい子」を授かったみなさんは、選ばれし親です。神様から「この人なら大丈夫」と見込まれ、普通の人にはつとまらない大役を任されたのです。大変でしょうけれど、この際、名誉なことだと思ってください!

しかしあまりに元気のいい男の子のママからはときどき、「ハズレくじを引いた」なんてセリフを聞くこともあります。でも、そのくじ、もう一度よーく見てください。じーっと観察すると、「ハズレ」ではなく「大アタリ」に見えてくるはずです。

がんこ、わがまま、甘えん坊……。「この子のこの性格、なんとかならないかしら?」と思うことも多いでしょう。もともと良い性格、悪い性格なんてものはありません。なんらかの性格的な特徴が、良いほうに発揮されれば長所となり、悪いほうに表れれば短所になる。それだけのことです。

それなのに、悪いほうに表れたところばかりに注目し、その特徴自体を弱めようとしてしまうと、せっかくのその子らしさが台無しです。特徴を弱めるのではなく、親の見方をそのまま180度転換すればいいのです。

そんなふうにわが子に対する見方を変える「男の子のママのためのポジティブ変換テクニック」を、拙著『育てにくい男の子 ママのせいではありません』の中から一部紹介しましょう。

次ページわがままにはこう対応しよう
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。