錦織が脇腹痛で棄権、ウィンブルドン4回戦

「試合を続ける中で痛みが強くなった」

 7月4日、テニスの四大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権の男子シングルス4回戦、第5シードの錦織圭(写真)は脇腹痛により第9シードのマリン・チリッチとの試合を途中棄権した(2016年 ロイター/Stefan Wermuth)

[ロンドン 4日 ロイター] - テニスの四大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権は4日、男子シングルス4回戦を行い、第5シードの錦織圭は脇腹痛により第9シードのマリン・チリッチ(クロアチア)との試合を途中棄権した。

錦織は1─6、1─5となった時点でプレーを中止した。6月15日に行われたゲリー・ウェバー・オープン2回戦の試合も脇腹のけがで棄権していた。この日は第2セット途中にマイケル・チャン・コーチがプレーを止めるよう求めたが、錦織はプレーを続行。それでも痛みには勝てなかった。

錦織は「この2週間でけがはあまり回復していない」とコメント。「100%のプレーをするのは難しいということは試合前から分かっていた」とし、「ポイントを重ねるにつれて痛みが強くなっていった。今日は棄権するしかなかった」と肩を落とした。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。