現代版「スラムダンク流川楓」が伸びたワケ

「NBAに最も近い203㎝」の意外な"過去"

NBAに最も近い日本人、渡辺の意外な過去とは?

サッカーの内田篤人がインタビューで「大切なことは、すべてスラムダンクから学んだ」と語っていた。『スラムダンク』とは、言わずと知れた単行本発行部数1億2000万部というミリオンセラーのバスケット漫画。バスケ初心者の桜木花道が仲間とともに成長する青春ドラマだが、内田の一番好きな選手は、桜木のライバルとして描かれた「流川楓(るかわ・かえで)」だという。

「日本の最終兵器」

この流川を世界基準にスケールアップさせたような選手が、リオ五輪世界最終予選で「日本の最終兵器」と注目される渡辺雄太(21)だ。

「NBAに最も近い日本人」と言われるサウスポーエースは、米国の大学最高峰であるNCAA(全米大学体育協会)1部に所属するジョージ・ワシントン大の2年生。2メートル3センチの長身ながら、ガードフォワードまでこなす高い技術と安定した守備力を武器に、堂々主力として活躍しており、最終予選での活躍が期待される。

漫画と生身の選手を一緒にするなと言うなかれ。スラムダンク世代なら、渡辺のやわらかいプレーを見れば流川を思い出すだろう。スリムで色白で切れ長の目と、ビジュアルも似ている。

流川は187センチ、75キロだが、渡辺は203センチ、89キロと二回りくらい大きい。予選前に国内で行われた練習を二度見たが、ゴール下はほぼ100%、豪快にダンクをねじ込む。

それにしても、いかにして、このような規格外のビッグマンが現れたのか? 

次ページ小さかった少年時代
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。