速報!米国は景気・金利見通しを下方修正

今は英国国民投票の結果を待つしかない

米連邦準備制度理事会(FRB)は、15日開催の会合で政策金利の据え置きを決定した(AP/アフロ)

15日の米国株は続落した。注目された米連邦公開市場委員会(FOMC)では、市場の予想通り、追加利上げは見送られた。しかし、声明の内容や連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長の会見で利上げに慎重な姿勢が示されたことが、市場に不安感を与えている。

FOMCでは、政策金利(現行0.25〜0.5%)の据え置きが決定された。利上げ見送りは4会合連続。また年内利上げの想定は前回同様2回とした。ただし、FRB委員の中では、年内の利上げは1回との想定も増えており、雇用回復の急減速を受けて慎重な見方が強まっていることが示された。

決定には投票権のある10人全員が賛成し、声明では「米国経済は加速した」とし、「減速した」とした4月の前回声明から判断を上方修正。一方で雇用は「回復が鈍化した」と指摘。失業率は低下したものの「伸びが縮小した」とし、前回の「一段と改善した」から下方修正している。

大きな誤算だった雇用情勢の悪化

一方、物価については「市場ベースの指標が低下したが、中期的には2%目標に達する」との予想を堅持。さらに「国際・金融情勢と併せて動向を緊密に監視する」とし、23日の英国のEU残留・離脱に関する国民投票の動向を考慮したことを認めている。イエレン議長の会見では、今後も緩やかに利上げを進める方針が改めて示されたものの、時期に関する具体的な手掛かりは示さなかった。同議長は「単月の雇用情勢に一喜一憂しない」としているが、雇用情勢の悪化は早期利上げをもくろんでいたFRBにとっては大きな誤算だったに違いない。

市場が驚いたのは、FRB関係者の景気・金利見通しである。16年末の政策金利見通しの中央値は0.875%で、3月時点と同様に年内2回の利上げが想定されたが、1回の予想が増えており、慎重な見方が強まっていることが明確になった。予想は2回の利上げが最多の9人(前回は9人)だったが、1回が6人(同1人)に増加し、4回は1人(同4人)、3回も1人(同3人)にそれぞれ減少している。

さらに17年末の金利見通し(中央値)も1.625%(前回1.875%)、17年中は3回(同4回)の利上げと下方修正されている。また18年末は2.375%(同3.0%)となった。また16年10〜12月期の実質GDP伸び率予想(中央値)は、前年同期比2.0%(前回2.2%)、17年は2.0%(同2.1%)に下方修正された。

次ページこれからの1週間は…
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。