英国がEU離脱なら「世界恐慌」の引き金に?

勢い増す「離脱派」、日本企業にとっても脅威

キャメロン英首相は「英国はEUに残留すべき」と必死に訴える(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

6月23日。世界は大きな転換点を迎えるのかもしれない。

「Brexit(ブレグジット)」つまり「英国のEU(欧州連合)離脱」の是非を問う英国民投票が、6月23日に行われるからだ。

英世論調査会社YouGovが6月1〜3日に実施した調査では、離脱支持が45%と、残留支持の41%を上回る。

離脱派がここにきて勢いを増しており、予断を許さない状況が続く。

「われわれが望む変化を実現させる方法はただ一つ。EU離脱に票を投じることだ」。離脱支持派の急先鋒であるボリス・ジョンソン前ロンドン市長はそう訴える。

だが、同氏の弟、ジョー・ジョンソン氏は、大学・科学担当相として政権を支える立場。残留支持でキャメロン首相と足並みをそろえる。

EUから飛び出れば貿易は減少へ

キャメロン政権は残留に票を投じるよう、国民に呼びかけている。主張の根拠としているのは、EU離脱に伴う経済的損失の大きさだ。

英国にとって、最大の輸出相手国・地域はEUで、そのシェアは40%を超えている。英国がEUから飛び出てしまえば関税障壁に直面する。EU域外の国々との自由貿易交渉も難しく、貿易量の減少をもたらしてしまう。

次ページ日本企業への影響は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。