5月の米鉱工業生産、予想超える落ち込み

自動車や関連部品の生産が大幅減に

 6月15日、5月の米鉱工業生産指数は、市場予想を超える落ち込みとなった。写真はミシガン州の自動車工場で2008年8月撮影(2016年 ロイター/Rebecca Cook)

[ワシントン 15日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が発表した5月の米鉱工業生産指数は0.4%低下し、市場予想のマイナス0.2%を超える落ち込みとなった。ドル高が和らぎ、原油価格が値上がりしているにもかかわらず、鉱工業生産は全般的にさえない状況がうかがえる。

内訳では製造業が0.4%低下した。変わらずの市場予想に反しマイナスとなった。自動車・関連部品の生産が約2年半ぶりの大幅減となったことが押し下げ要因となった。米景気には全般的には明るい兆しが出ているが、製造業の弱含みは続いていることを示唆した。

TD証券の副首席エコノミスト、ミラン・モルレーン氏は「製造業データが失望を誘う内容となったことは同セクターの停滞が長引いていることを示唆しており、引き続き米連邦準備理事会(FRB)の心配の種になるだろう」と述べた。

自動車・関連部品が4.2%低下し、2014年1月以来の大幅な落ち込みとなった。ただエコノミストは販売や在庫の状況から、落ち込みは一時的な公算が大きいと指摘している。その他、機械や木材関連製品の生産も減少した。

消費財は0.7%低下。消費耐久財は2.2%低下し、FRBでは自動車や家電、家具などの製品の落ち込みを反映しているとした。

企業設備は0.7%低下。公益は1.0%低下。

鉱業は0.2%上昇。過去8カ月連続の低下からプラスに転じた。ただ、石油・ガス掘削は7.9%のマイナスと、大きく落ち込んだ。

設備稼働率は0.4%ポイント低下し74.9%。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。