バーへは、ひとりで行こう―女性編

女だって、ひとりバー。

こんにちは、矢田部です。東京、下北沢で「割らない酒」をコンセプトにしたバーをやっています。

「ひとりで行こう」シリーズ最終回の今回は、「女性編」です。

バーをはじめて10年半、本気で仕事をしている女性にこそ、サードプレイスとしてのバーが必要なのでは、とつくづく思います。

理由は…。

 

毎日、疲れますよね…。

常連さんのひとりに、精神科のお医者さまがいらっしゃいます。

主に子供の心の問題に取り組んでいらっしゃる方なのですが、子供の問題は親の問題でもあり、それはまた、男女の違いに起因することも多い、と、よく、カップルについての話題でカウンターが盛り上がります。

あるとき、その方(仮にT氏とします)に、質問をしたことがあります。

「日本では、結婚すると、男性は男性だけの社会、女性は女性だけの社会と、まったく別のグループに属して、両方の交わりがない気がするんですけど。なぜ男性は、結婚してからも、家には寝に帰るだけで、妻との会話がなくても満足できるんでしょうか」と。

T氏の答えは、とても明快でした。

次ページ男性はやっぱり「組織」の生き物?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
堕ちた名門アパレルの内幕<br>三陽商会の窮地

英バーバリー社とのライセンス契約終了で、三陽商会は赤字に陥った。2009年に契約見直しを伝えられていながら、なぜ対応できなかったのか。名門アパレルを蝕む企業病の正体に迫る。