巨人・電通が抱くO2Oの野望(下)

O2Oで進化するマス広告

前回、アップルの「Passbook」を使った電通の新しいO2O(オンライン・ツー・オフライン)サービスをレポートした。そこには、電通の”攻め”と”守り”の姿勢が見て取れた。

今回は、そこから一歩進んだ電通の「野望」を活写してみたい。

電通が提供するPASSSS(パススス)は、Passbook形式のクーポン・チケット・会員証などを発行・管理するためのサービスだ。企業や店舗が簡単にPassbookを導入できるような仕組みを提供する。

PASSSSの注目すべき点は、従来の集客ツールにはとどまらず、企業と消費者の新しいコミュニケーションが実現できる可能性を持っているというところだ。

一般的に、クーポン施策は、主に新規顧客の獲得を目的としている。来店してもらってもそれきりになりがちだ。店舗側にとっては、再来店につなげることが難しいという課題を抱えている。

そこで、PASSSSを利用する。

Passbookの基本機能には、消費者がiPhoneに保存しているクーポンの内容を、店舗側が後から書き換えることができるという機能がある。PASSSSでは、前回述べたように、一人ひとりの行動履歴を取得・蓄積することができる。

この2つの組み合わせで、次のような新しいコミュニケーションの実現が可能となる。

次ページ今まで捉えきれなかった客をつかまえる
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。