スタンフォードで学ぶ、修羅場の人間関係

”俳優塾”さながらのロールプレイ演習

「”超一流MBA校”で戦う日本人」。第2回目にご登場いただくのは、スタンフォード大学ビジネススクールに留学中の石倉大樹さん(30)。
石倉さんは、大学在学時から、九州大学発のバイオベンチャー企業、アキュメンバイオファーマ(福岡市、鍵本忠尚社長)の創業にかかわり、大学卒業後も同社の国際戦略担当として、日米で活躍。
米フィラデルフィアに駐在していた際、起業家に対する恵まれた環境を目の当たりにし、「起 業するなら次は絶対アメリカで!」と思ったのがMBA留学を志すきっかけとなった。その後、同社を退職し、エムスリー株式会社へ転職。仕事は順調だった が、アメリカで起業する夢をかなえるため、会社を退職し、私費で留学することを決めた。
スタンフォードは、「起業家」を輩出する大学として有名だが、ビジネススクールの卒業生も、およそ16%が、起業家の道を進むという。1年目を終了した夏に起業して、2年目の途中から、卒業後、会社をどうするか、考え始めるのだそうだ。
石倉さんも、2012年夏のインターンシップは、シリコンバレーの製薬会社系ベンチャーキャピタルで働いたが、その後、スタンフォードの同級生と、医療系のベンチャー企業を起業。卒業後は、アメリカに残って起業した会社を続けるか、スタート アップ企業に就職するか、あるいは、日本に帰国するか、3つの選択肢を検討中だ。
「スタンフォードで、人のマネジメントやリーダーシップスキルを日々学んでいる」という石倉さん。MBA留学は、石倉さんの人生をどう変えたのか。世界に変革をもたらす人材を生み出すスタンフォードの授業とは?徹底リポートする。

起業の“修羅場”を予行演習する授業

スタンフォード大学ビジネススクールのカリキュラムは、ソフトスキル(コミュニケーションスキル)に重点が置かれていることが特徴だ。「会社を起業したとき、最も大切なのが人のマネジメントだ」というスタンフォードの姿勢を表している。

ビジネススクールに入学して最初の3カ月は、「ファイナンス」「マーケティング」「会計」などの実務に加え、「リーダーシップ」「倫理」「組織行動」など、リーダーとしての人格を形成するのに役立つソフトスキルを、実践的な演習を取り入れながら、徹底的に学ぶ。

石倉大樹さん(30)が、2011年9月にスタンフォードに入学したとき、まず驚いたのも、俳優塾さながらのロールプレイ演習の多さだった。

次ページ百戦錬磨の卒業生が試験官
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。