「プロビオ」を当てた明治HDが減益に沈む理由

なぜ最高益更新が4期連続で止まるのか

2009年発売の「R-1」は、機能性ヨーグルト市場発展の起爆剤となった(写真:記者撮影)

「プロビオヨーグルト」のバカ売れが止まらない。シリーズ売上高は4年連続で2ケタ成長となり、販売元の明治ホールディングス(HD)の業績を牽引している。

同社が5月11日に発表した前2016年3月期決算は売上高1兆2237億円(前期比5%増)、営業利益778億円(同51%増)と絶好調。純利益も626億円(同3%増)で、4期連続の最高益となった。

値上げと「プロビオ」ヒットで最高益

明治HDの主力は、食品事業だ。ヨーグルトやチーズなどの乳製品から、アイスやチョコレート、そして流動食に至るまで、扱う製品は多岐に渡る。

中でも前期は、健康志向を追い風に、「プロビオヨーグルト」、「ブルガリアヨーグルト」、「チョコレート効果」の販売が伸びた。

特に「プロビオ」シリーズは、乳酸菌の健康価値を訴求し、販売金額は前期比22%増と大躍進。2013年末以降、3年連続で生産能力を増強していることも、旺盛な需要を物語っている。主力製品の売上拡大により、部門利益を116億円押し上げた。

2015年春に相継いで実施した、主力製品の値上げによる採算改善の貢献も大きい。子会社を含む収益改善と合わせると、値上げによる増益効果は217億円に上った。結果、2016年3月期に始まった3カ年経営計画の営業利益目標である640億円を、初年度に軽々と上回った。

ところが、今2017年3月期の営業利益は745億円(前期比4%減)と一転して減益を見込む。なぜなのか。

次ページ3つの収益悪化要因
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。