朗報!失ったペニスを64歳で取り戻した

米国初の移植手術が成功、ドナーにも弾み?

写真をクリックすると、動画サイト(英語)にジャンプします

米国で初めてペニスの移植手術に成功したのは、64歳の男性だった。今月に入り、ボストンのマサチューセッツ総合病院で手術が行われた。

この人はマサチューセッツ州ハリファックスに住むトーマス・マニングさん。2012年に陰茎がんでペニスを失っていた。ドナーから提供されたペニスをつける手術は、15時間に及んだ。

「自殺すら考える絶望」の軽減望む

執刀医の1人、カーティス・セトルロ医師は、「生殖機能に壊滅的な打撃を受け、自殺すら考えてしまう人々の絶望や痛み」が、今回使われた再生技術によって軽減されるよう希望する、と文書でコメントした。

マニング氏も文書で医師団への謝意を示した。さらに、今回の手術の成功によって「任務のために命を張って生殖機能に深刻な打撃を受けた人々」らが、ドナーから、もっとペニスの提供を受けやすくなるよう希望する、と述べた。

ペニスの移植としては2014年に南アフリカで、ずさんな割礼によって生殖器を失った、当時21歳の男性に対する手術が成功した例がある。 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。