アメリカでも「結婚しない世代」が台頭する

結婚するとして、その意味は「愛」だけに?

(写真:wavebreakmedia / PIXTA)

前回記事では、日本のさとり世代と似ていると言われる米国の若者世代「ミレニアルズ」について、その独特の恋愛観を取り上げました。

そこで書いたとおり、ミレニアルズの男女は、Tinder(ティンダー)といったスマートフォンのデートアプリで気軽に出会いな繰り返し、1回限りのワンナイトラブを好む人が多くなっています。では、彼らはその後も異性との深い付き合いを望まないのか?いったい結婚についてはどう考えているのか?今回はそれについて掘り下げてみたいと思います。

多様化と経済格差で、結婚は「特権」に?

1)結婚しない世代

前述したように、日本でも初婚の年齢が時代と共に上がってきていますが、アメリカも同様です。現在のアメリカ人の平均結婚年齢は30歳。1970年代は23歳だったのと比べるとかなり遅くなっていることがわかります。

ピュー研究所の調べによれば、ミレニアルズのうち結婚しているのはわずか26%。前の世代が同じ年代だった時と比べると、ジェネレーションXは36%、その前のベビーブーマーは46%が結婚していましたから、どんどん下がって来ているのがわかります。特にミレニアルズの女性の3割は40歳まで結婚しないだろうという予測もあり、これはジェネレーシションXの2倍の数字です。ではなぜミレニアルズは結婚しないのでしょうか? 

2)結婚しない最大の理由は経済的な理由

日本のさとり世代の就職内定率もリーマンショック後、大変厳しい経済状況が続きました(ここ数年は大幅に回復してきていますが)。ミレニアルズも同様に、特にリーマンショック以来、厳しい状況が続いています。

16歳から24歳の今年7月の失業率が12.2%。全米の失業率(5.5%)の2倍以上という高さであることからもわかります。

次ページ同棲でOKなカップルが増加
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。