舛添都知事の「言い訳」が何ともマズい理由

法的に問題なくても都民の感情は納得しない

バッシングは収まりそうにもありません(写真:中西祐介/アフロスポーツ)

東京都の舛添要一知事が海外出張に多額の費用をかけていたほか、公用車で頻繁に神奈川県湯河原町の別荘へ行き来していた問題が明らかとなり、議論を呼んでいる。というより、舛添都知事の会見が「開き直り」と「言い訳」に聞こえてしまい、世間的に批判の的、バッシングの対象になっているといったほうが正しいだろう。

このような問題は一般的な企業でも起こりうる。たとえば社長や役員クラスの出張がビジネスクラスやファーストクラスである一方、平社員はエコノミークラスを使わなければならなかったり、役員には社用車があるのに平社員は電車やバスなどの公共交通機関しか使えなかったり、などという構図と似た部分もあるからだ。

一般企業でも起こりうる問題

戦略的PRコンサルタントである筆者の下にも舛添都知事の問題に関連して、「弊社でこのようなことが起こったらどう対応すればいいか」という相談がいくつか来ている。筆者は「起こらない、起こさないのがいちばん」と答えているが、そうはいっても何が火種になるかわからない。ではどうすればいいだろうか。

今回の問題を整理整頓すると、大きく5つに分けられる。

1. 豪華なホテル
2. 航空機のファーストクラス
3. 高額な出張経費
4. 公用車での別荘通い(一説には400万円)
5. 危機管理の側面

多分、論点のメインは、「ぜいたくだ」「税金を使うのはおかしい」という感情論であろう。「知事のこうあるべき」と「庶民の、知事はこうあるべき」という「べき」にずれがあるのだ。「べき」のズレが怒りの感情になることは、日本アンガーマネージメント協会の安藤俊介代表理事が指摘している。

一般企業の会議を例に挙げよう。「10分前には席に着いているべき」という人と、「1分前でもいい」と思っている人には、「べき」の差が9分もある。当然、前者は後者に怒りを覚えるはずだ。

「都知事はこうある”べき”」という「べき」が人々の中にあった。舛添都知事はそれとのズレがあったことに、気が付かなかったし、ズレがあったから問題が大きくなったのだ。舛添都知事が問題についてのジャッジをするのではなく、都民の感情に合わせて対応できていたら今回の問題はここまで大きくはならなかったと思う。

次ページなぜマスコミや都民は騒いでいるのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。