メイン料理を「時短」で作れる家電は、これだ

夕食の支度に役立つ3つのオーブンレンジ

異なる食材が全自動で調理できる「まかせて調理」機能が便利な、シャープの「ヘルシオ AX-XP200」

共働き家庭などでは、1日忙しく働いて帰宅した後に夕食作りというハードな家事が待っている。ついレトルトやお総菜に頼ってしまいがちになるが、最新のオーブンレンジがあれば、短時間で夕食を作ることが可能だ。フライパンや鍋を利用した調理に比べ、ガスコンロの前で待つこともなく、油が飛び散ることもない。

キーワードは、「自動」と「ほったらかし」だ。食材を並べて混ぜて、ボタンを押すだけ。さらにグリル皿1枚で複数の食材を加熱することができるので、洗い物を減らせるなど、そのメリットは大きい。

今回は、時短調理機能を搭載するパナソニック、計量・解凍不要のおまかせ調理が魅力のシャープ、そしてコンパクトでお値打ちの三菱電機の最新オーブンレンジを紹介する。

10分レシピなど時短に強い「ビストロ」

この連載の一覧はこちら

各社のオーブンレンジの中でも、特に「時短」にこだわったメニューを多数搭載しているのがパナソニック「ビストロ」シリーズだ。高火力を生かし、チーズカツレツなどのメイン料理を約8分で焼き上げることができる。ピザやパン(フォカッチャ)などは発酵不要で、約10分で焼ける。

6月1日発売予定の「ビストロ NE-BS1300」(予想実勢価格18万1440円)には新機能「大火力極め焼きヒーター」を庫内上部に搭載する。グリル皿と組み合わせることで、食材をひっくり返すことなく両面を一気に焼き上げることが可能。また、オーブンレンジの基本機能である、レンジ機能が優れているのも同モデルの魅力。冷凍した肉などは、マイクロ波をらせん状に放出する「サイクロンウェーブ加熱」により素早く、ムラなく解凍できる。

次ページスチーム機能は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
親の住まい 子の住まい<br>マンション、戸建て、サ高住…

人生100年時代で住まいの選び方が変わった!実家の片付けも大問題だ。マンションやサ高住のランキングを掲載し、現役世代、リタイア世代の選択肢を紹介。帰省の時期に考えよう。