任天堂、次世代機「NX」を来年3月に世界販売

6月のゲーム見本市「E3」では展示せず

 4月27日、任天堂は、次世代ゲーム機「NX」を2017年3月に世界で販売すると発表した。写真はロサンゼルスで昨年6月撮影(2016年 ロイター/Lucy Nicholson)

[大阪 27日 ロイター] - 任天堂<7974.T>の君島達己社長は27日、次世代ゲーム機「NX」を2017年3月に世界で販売すると発表した。ゲーム機の特徴や価格、同時発売ソフトなどの詳細については言及を避けた。

同社は今期、据え置き型ゲーム機「WiiU」の販売について前年比75%の大幅減を見込んでいるが、今期にギリギリ間に合う形でNXを投入することで、減少分をカバーしたい意向だ。

君島社長は、NXが業績予想に織り込まれていることを明らかにした上で、「NXの販売がWiiUの販売台数の減少をかなりの部分カバーできる見込みだ」と語った。

NXは、6月に米国で開催されるゲーム見本市「E3」では展示せず、年内に別に機会を設けて発表する。

今期の販売計画は、WiiUのハードが80万台(前期326万台)、ソフトが1500万本(同2736万本)、携帯型ゲーム機「3DS」のハードが500万台(同679万台)、ソフトが5500万本(同4852万本)。3DSのソフト以外は前年実績を下回る厳しい計画となっている。

だが、同社が発表した2017年3月期の連結業績予想は、売上高が前年比0.9%減の5000億円と、販売計画ほどの落ち込みにはなっていない。営業利益は同36.9%増の450億円と、逆に増益を予想している。

増益計画の背景について、君島社長は「携帯型のソフトは比較的高い水準で販売計画を立てている。スマートフォンビジネスもあり、これらの利益はより収益率が高い」などと説明した。

前提為替レートは1ドル110円、1ユーロ125円。

WiiUについては「今期も生産する」としたが、来期は「NXに大きくシフトする」と述べ、生産終了の「可能性がある」ことを明らかにした。

同社は3月に初のスマホ向けアプリとなる「Miitomo(ミートモ)」を投入。ユニークユーザー数はすでに世界で1000万を超えており、順調なスタートを切っている。2016年秋には「どうぶつの森」と「ファイアーエムブレム」の2タイトルを投入する計画で、継続投入することで収益力を高めたい考えだ。

2016年3月期の売上高は前年比8.2%減の5044億円と、7期連続の減収。営業利益は同32.7%増の328億円だった。

(志田義寧 編集:山川薫)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。