米オバマ大統領、シリアへの増派を発表 

欧州に防衛予算拡大呼びかけ

4月25日、訪欧中のオバマ米大統領は国際秩序を維持するために力強く統一された欧州が必要となるとの考えを示し、過激派組織「イスラム国」(IS)をはじめとする安全に対する脅威に対処するために、欧州各国に対し防衛予算を拡大させるよう呼びかけた。写真は同日、ドイツ北部ハノーバーで講演するオバマ大統領(2016年 ロイター /Kevin Lamarque)

[ハノーバー(ドイツ) 25日 ロイター] - 訪欧中のオバマ米大統領は25日、訪問先のドイツ北部ハノーバーで、国際秩序を維持するために力強く統一された欧州が必要となるとの考えを示し、過激派組織「イスラム国」(IS)をはじめとする安全に対する脅威に対処するために、欧州各国に対し防衛予算を拡大させるよう呼びかけた。

オバマ大統領はハノーバーで開催されている産業見本市を訪れ、イスラム国掃討作戦への支援を強化するため、米国は250人の特殊部隊の兵士をシリアに追加派兵すると表明。派兵規模は現在の50人から6倍に拡大される。

欧州に対しても防衛予算の引き上げなどを呼びかけ、「われわれの共通の安全を守るために、すべての北大西洋条約機構(NATO)加盟国は国内総生産(GDP)の2%に設定されている負担を拠出する必要がある」と述べた。

欧州ではシリアなどから流入する移民・難民をめぐる問題で各国間の軋轢が高まり、当初受け入れ政策を掲げていたメルケル独首相に対する風当たりが強まっている。こうしたなかオバマ大統領は訪独することで、メルケル首相に対する支持を示したものと見られている。

オバマ大統領はロシアによるクリミア併合や、南欧を中心とした景気減速などを受け欧州の統一に対する疑念が台頭したとの認識を表明。「米国、並びに世界全体は力強く、豊かで、民主的で統一された欧州を必要としている」と指摘。「欧州大陸で起きていることは、全世界の人々に影響を与える」と述べた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。