「独立しても成功できない人」に共通する経験

いつまでも誘いがないなら、会社を辞めるな

起業をしようと思っているが誰からも声がかからない……そんな場合は、やめたほうがいいかもしれません

「起業宣言」したときに誰からも声がかからないようなら、起業宣言は撤回したほうがいい。

「働く意味」や「自分らしい働き方」で悩んでる暇があるのならさっさと働け、と言いたい。自分探しのために一人旅に出たら余計自分のことがわからなくなった、という馬鹿馬鹿しい話とよく似ているからだ。

現在の「働き方指南ブーム」はいつから?

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

現在の「働き方指南ブーム」の嚆矢に当たるのは、2002年前後に発行されたDaniel Pinkの『フリーエージェント社会の到来~「雇われない生き方」は何を変えるか』(ダイヤモンド社)あたりだろう(リンク先は新装版)。少し前に話題になったLynda Grattonの『ワーク・シフト』(プレジデント社)の邦訳が2012年の発行なので、そこから遡ること10年、すでに今のブームの源流があったように記憶している。

いずれの書籍もそれなりに面白く、筆者自身かなり触発されたところがある。ただし、かなり抽象度が高い議論しか展開されていないこともあり、まだ起業していない人に対して様々な細かいノウハウを提供する、というような機能は持ち合わせていない(そもそもそれが狙いの書籍ではない)。

次ページゴールとはいったい?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。