日産GT-Rは「ガンダム」の影響を受けている

Jポップ文化は日本車に個性を与えるか

 4月20日、国内大手自動車メーカーの一部は、無個性になりがちなデザインに日本のポップカルチャーを取り入れ、世界的に似たような車がひしめく業界で独自性を打ち出そうとしている。写真は、日産CCOの中村史郎氏と「ニッサン グリップス コンセプト」。神奈川県厚木市で14日撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 20日 ロイター] - 品質の高さで名高い国内大手自動車メーカーの一部は、無個性になりがちなデザインに日本のポップカルチャーを取り入れ、その「Jファクター」によって、世界的に似たような車がひしめく業界で独自性を打ち出そうとしている。

日産自動車<7201.T>のスポーツカー「GT─R」のデザイナーたちは、人気アニメ「機動戦士ガンダム」からインスピレーションを得た。

世界中に唯一のデザインにしたかった

日産の専務執行役員でチーフクリエイティブオフィサー(CCO)の中村史郎氏は、ガンダムに代表される日本のアニメロボットのギクシャクした中に生まれるかっこよさ、力強さを表現したかったと話す。

GT─Rを「見たことがない、ポルシェやフェラーリに絶対見えない」、世界中に唯一のデザインにしたかったと同氏は語る。

米ゼネラル・モーターズ<GM.N>(GM)やいすゞ自動車<7202.T>でもデザインを担当してきた経歴を持つ中村氏は、世界の車が似ていく中で、自分たちの独自性を出すためには、日本の美意識を反映させるべきだと主張する。

次ページ日本的なものを追究する理由は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。