焦点は“コンプガチャ後”の戦略 グリー、DeNAの正念場

焦点はコンプガチャ後の戦略グリー、DeNAの正念場

コンプガチャ問題から5カ月。ソーシャルゲーム各社の業績は再び勢いを取り戻している。グリー、DeNAの2012年4~6月期決算では減速したが、両社とも7~9月期以降、回復を見込む。

コンプガチャはガチャという1回300円の「電子くじ」によって特定の数種類のアイテムを全部そろえると、ゲームで使用できる別のアイテムを新たに入手できる仕組みだ。射幸性が高く、消費者庁は「景品表示法上禁止される行為、つまりカード合わせの方法を用いた懸賞による景品類の提供に該当する」(松原仁消費者担当相、当時)と判断。7月1日から規制が始まった。

コンプガチャなき後、ソーシャルゲームの成長を支えているのが、「ボックスガチャ」や「パッケージガチャ」といった新手法のガチャだ。これらは200~300枚の「福袋」から一つひとつアイテムを抜き出すもの。福袋に入っているレアアイテムの枚数をユーザーは事前に見ることができ、アイテムの組み合わせが必要ないため、「景品表示法には抵触しない」(消費者庁表示対策課の片桐一幸課長)とされている。

グリー、DeNAとも5月中にコンプガチャを廃止したが、6月には新手法のガチャを開発。グリーは『ドリランド』や『モンプラ』、DeNAは『怪盗ロワイヤル』や『ワンピースグランドコレクション』など、月商十数億円レベルの主力タイトルに導入している。ゲームを提供するバンダイナムコホールディングスの石川祝男社長は絶好調だった4~6月期決算を、「コンプガチャ廃止の影響をパッケージガチャの導入でカバーした」と語り、新手法のガチャが効果的であることを示した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。