米国ワインがとんでもない進化を遂げている

ブルーベリーを加えた「青いワイン」も登場

「ブラン・ド・ブルー」のようなクリエイティブなワインが、伝統的なワインの世界を刷新しつつある(写真: 2016 Tina Caputo/ロイター)

クラフトビールや蒸留酒の世界ではイマジネーションや製法革新が尽きることはない。柿の入ったパーシモン・エールや牡蠣を加えたオイスター・スタウトのほか、スモーキー・バーボンなど多彩な種類がある。だが、ワインの場合は通常、ぶどうの品種を従来と違う形で組み合わせることはない。テンプラニーリョとメルローを合わせることはありえないのだ。

しかし、米国ではワイン醸造会社が地元産のぶどうを用いたり、蒸留酒製造者が使用済みのバーボンの樽の中でワインを熟成させるなどの、ちょっと信じがたい動きが実際に出てきている。背景には、醸造者としての価値を世界の舞台で証明したいとの思いなどがある。

伝統には縛られず

サウスダコタ州ブラックヒルの醸造会社プレーリーベリーは、ジンファンデルという品種のぶどうとブルーベリーとをブレンドした「Blue Suede Shoes(ブルー・スエード・シューズ)」などの、フルーティーなワインに特化している。

ブルーベリーも原料に使ったワイン「ブルー・スエード・シューズ」(写真: 2016 Tina Caputo/ロイター)

プレーリーベリーの製造担当者サンディ・ボイタ氏は、サウスダコタ産の天然果実を原料に使った理由について「私は生まれつき伝統に縛られるようなタイプではなかった」と説明。伝統的なワインの製造法も習得することを通じて「全てのワインのスタイルを尊敬し、それを取り入れることを学んだ」と語る。

次ページバーボン樽と「実によく融合」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。