急反発の日本株、一段高の条件とは?

終値は前日比529円高、円安で主力株買い戻し

 4月13日、東京株式市場で日経平均は3日続伸。前日比で529円の大幅高となった。外為市場で1ドル=109円台まで円安が進行し、主力株を買い戻す動きが強まった。写真は都内で昨年8月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 14日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は3日続伸。前日比で529円の大幅高となった。外為市場で1ドル=109円台まで円安が進行し、主力株を買い戻す動きが強まった。終始堅調な値動きを続け高値引け。終値は3月29日以来、2週間ぶりの水準を回復している。東証1部の値上がり銘柄は92%に上った。

米金融大手JPモルガン・チェース<JPM.N>の決算が好感された米国市場では金融株に買いが入り、ダウ<.DJI>が約5カ月ぶりの高値を付けた。外部環境の好転から東京市場は序盤から買い優勢の展開。日経平均は今年に入り初めて終値が75日移動平均線(1万6844円82銭=14日)を上回った。

東証業種別指数は33業種全てが上昇。短期筋とみられる先物市場への断続的な買いも指数を押し上げた。東証1部の売買代金は2兆6700億円弱と、3月11日以来の高水準となっている。

岩井コスモ証券・投資情報センター長の林卓郎氏は「新年度に入ってから異常な売りがあったが、元の位置に戻った印象。今後はさらに円安が進むか、適切な景気対策が打ち出されるかがカギとなるだろう」と話す。

個別銘柄ではソフトバンク・テクノロジー<4726.T>が大幅続伸。13日に発表した2016年3月期業績予想の上方修正を好感した。半面、 ローソン<2651.T>が軟調。13日発表した17年2月期の連結業績予想では、営業利益が前年比4.8%増の760億円となる見通しとなったが、市場予想をやや下回ったことを嫌気した売りが出た。

東証1部騰落数は、値上がり1797銘柄に対し、値下がりが125銘柄、変わらずが29銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      16911.05 +529.83

寄り付き    16629.83

安値/高値   16602.17─16911.05

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1371.35 +38.91

寄り付き     1352.03

安値/高値    1349.96─1371.35

 

東証出来高(万株) 250273

東証売買代金(億円) 26689

 

(長田善行)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。