部下を幸せにする課長、不幸にする課長 井戸川寿義著

もうひとつは、相変わらず報告忘れの多い部下に対し、指導方法を変えて成功する方法だ。例えば、毎朝ミーティングを実施し、報告忘れの多い部下を含めて課員から報告を受ける。そして良い報告は褒め、良くない報告は直すべき点を具体的に指摘する。そして職場の雰囲気が良くなる。

こういう心理メカニズムが表に書き出されており、演劇シーンのように理解しやすい。

最後に本書の核心である「人情」と「道理」について紹介したい。「課長自ら率先して行う・示すことが望ましい言動」は、人情では「挨拶する」「笑顔で接する」「率先垂範する」「説明する」「報告する」「責任を取る」であり、道理では「自分の考えを示す」「夢がある」だ。

もうひとつの別ランクの「人情」と「道理」もある。「適切な時期に先手を打って行う言動」は、人情では「聴く」「感謝する」「褒める」「労う」「叱る」「相談に乗る」「任す」、であり、道理では「判断する」だ。

これらの言動の一つひとつが詳細に説明されている。ぜひ読んでもらいたい。いずれも課長に必要な言動という前に、社会人として、人間として大切な徳目だと思うが、多忙なビジネスの現場にいると忘れがちだ。

本書は「コミュニケーション」という言葉をまったく使っていないが、読み終えてから優れたコミュニケーションの解説書であることに気付いた。コミュニケーションについて重要性を説くビジネス本は多いが、抽象的で中身が曖昧だ。本書は、挨拶、笑顔、聴く、感謝する、労うなどを「言動」として具体的に説明している。これらはすべてコミュニケーションの要件だと思う。

(HRプロ嘱託研究員:佃光博=東洋経済HRオンライン)

日本能率協会マネジメントセンター 1575円

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。