バカルディに挑むサントリー

輸入ラム酒で激突

バカルディに挑むサントリー、輸入ラム酒で激突

ラム酒をベースにミントの葉やライム、砂糖を加えた爽やかなカクテル・モヒートが20~30代の女性の間で近年人気を博している。低アルコールで手軽に飲めるRTD商品(Ready to Drinkの略語、そのまますぐ飲める缶チューハイや缶カクテルなどを指す)の広がりもあり、今年1~8月の国内ラム酒市場は前年同期比14%増に拡大。今後も成長が見込まれている。

この分野で強いのがキューバで発祥したバカルディである。「バカルディモヒート」や「バカルディキューバリブレ」などのブランドを保有。国内ラム酒市場ではバカルディブランドがシェア1位と推定される。日本法人のバカルディジャパン(本社・東京都渋谷区)はサッポロビールと業務提携関係にあり、サッポロは日本国内における独占販売権を保有している。

その牙城を突き崩そうと、サントリー酒類(本社・東京都港区)が動き出す。10月23日から輸入ラム酒「BRUGAL(ブルガル)」シリーズ(=写真=)を新たに発売して攻勢をかけるのだ。

ブルガルはスペインや米国など世界25カ国以上で飲まれているラム酒ブランドで、販売数量世界第3位、ラム酒の本場カリブ海エリアでは第1位と本格的な味がウリのラム酒ブランドだ。アジアでは流通しておらず、日本がアジア初の商品投入となる。

サントリーはラム酒の分野で、「サンタテレサ」「サントリーラム」の2ブランドを展開してきたが、売上数量でバカルディの半数にも満たないとみられる。世界的に強い「ブルガル」ブランドの投入で、若い女性の需要を取り込み追い上げる算段だ。

 

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。