鈴木敏文セブン会長、辞任を表明

子会社社長人事めぐり混乱

 4月7日、セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者(写真)は記者会見で、「退任を決意した」と述べた。(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 7日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス<3382.T>の鈴木敏文会長兼最高経営責任者(CEO)は7日の記者会見で「退任を決意した」と述べた。同日行われた取締役会では、会社が提案したセブン―イレブン・ジャパンの社長交代人事案が否決される異例の事態となり、混乱の責任を取った。

人事案に対し、創業家の伊藤雅俊名誉会長が反対したことも、退任決意の一因となった。

鈴木会長は、7日午前に開かれた取締役会終了後に辞任を決意し、会見で公表することを決めたという。退任時期は明示しなかったが「新体制に立候補するつもりはない」とした。

取締役会では、セブンイレブンの井阪隆一社長兼COO(最高執行責任者)の交代人事を会社が提案。15名の取締役のうち、反対6票、賛成7票、白票2票の結果となり、会社提案は成立に必要な過半数8票を確保できず、否決された。鈴木会長は「反対票が社内取締役から出るようだったら、私が信任されてないと考えていた」と述べ「井阪社長を信任して、それで私がやっていくのは将来に禍根を残す」と、辞任の理由を説明した。

さらに会見では、これまで「経営は鈴木会長に任せる」としてきた伊藤名誉会長も人事案に反対したことを明らかにした。鈴木会長は「良好な関係だったが急きょ変わった。いろいろなことを提案して拒否されたことは一回もない」と述べ、伊藤名誉会長の反対も退任決意に影響したことを明らかにした。

後任については「私が指名することは考えていない」と語った。

セブンイレブンの新体制については「井阪社長が信任されたわけではない。セブンイレブンは新しい人事案を作らなければならない」と述べた。今回の人事案否決を受け、セブンイレブンは新人事案を臨時取締役会に諮ることになる。

自身の次男である鈴木康弘取締役・最高情報責任者(CIO)をいずれセブンイレブン社長にするとの観測があることについては「なぜ息子の話がでてくるのか。びっくりしている。私は一言も言ったことはないし、息子も考えていない」と述べた。

米ファンドのサード・ポイントは、セブン&アイHDに送った書簡の中で、セブンイレブンを好業績に導いた井阪氏を評価。今日の取締役会でも、最高益を続けた同氏を辞めさせることへの反対意見が出た。

鈴木会長は「物足りなかった」「新しい案が出てこない」と井阪氏への不満を並べ、交代案の理由を説明した。

 

(清水律子)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。