「働く」という最高度の幸せにしがみ付こう

60歳を前に引退するのは早すぎる!

銀行の契約社員を続けていくべきかどうか、悩んでいます(写真:Uchico/PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール専用サイトで受け付けています。

私はまもなく58歳になる、銀行の契約社員です。退職して再就職した夫、警察官の長男、就活中の大学3年生の長女の4人家族です。現在までの私のトータルの仕事期間は12年弱ですが、このたび隣町の支店に転勤が決まりました。
今までの支店は仕事内容も帰る時間も納得のいくものでしたが、今度の支店は残業、休日出勤も当たり前でかなりハードになる予定です。以前から残された自分の人生の時間を考えると、フルタイムで働いていて良いものか悩む一方、仕事をすることで救われてきた面も沢山ありました。
ただこれからハードになる仕事内容を前に、このような人生の過ごし方で良いのか悩みは尽きません。夫は我が家の経済事情を考えて、私の仕事の継続を望んでいます。私はどう考えればよろしいでしょうか。
芹(仮名)

 

<パンプキンのコメント>

この連載の記事一覧はこちら

是非お仕事を継続されるよう、お勧めします。

あなたがもし、たとえば大学に入り直して学びたい気持ちが抑えられないなどの理由があれば、話は別です。そうであるのならば、ご夫婦で話し合われて夢の実現に向けて努力されるべきです。

次ページ慎重になるのは当然
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。