VAIOが有名セレクトショップと協業するワケ

BEAMSとのコラボモデル実現の舞台裏

VAIOにとって単なるカラバリモデルではない「VAIO Z|BEAMS」

ソニーからPC事業を分離して2014年7月に発足したVAIO。同社は「遊び心」のある小回りの利くメーカーとして、ユニークな取り組みを進めている。今回、その取り組みの1つである、セレクトショップとのコラボレーションモデルの舞台裏をリポートする。

挑戦的なカラーリング

4月8日、VAIOは、オリジナルブランドも手がけるセレクトショップのBEAMSとコラボレーションしたノートPC「VAIO Z|BEAMS」の受注を開始した。

両社のコラボレーションモデルは、昨年3月発売のモデルに続き2回目となるが、今回のコラボモデルは、「モノトーンクレイジー(Monotone Crazy)」という挑戦的なカラーを施した製品である点が特徴。表面的には、VAIO Zのカラーバリエーションのひとつという捉え方ができるが、このコラボの目的には、それにはとどまらない狙いがある。

左がBEAMSとのコラボ第1弾モデル。右が今回発売する第2弾モデル

そもそもVAIOとBEAMSの出会いは、VAIO株式会社が設立されて約半年を経過した2014年末にさかのぼる。

BEAMSの店舗スタッフと懇意にしていたVAIO商品企画部統括部長の伊藤好文氏が、軽い気持ちで「BEAMSと一緒になにかできないか」とつぶやいたのがはじまりだった。

セレクトショップとして、また最先端のファッションブランドとして、幅広い層に人気を誇るBEAMSと、Windows搭載PCとしては、デザイン、性能ともに高い評価を得ているVAIO。この組み合わせで、どんなことができるのか。お互いの関心と感性がぶつかりあって、このプロジェクトは一気に進んでいった。

プロジェクトの開始からわずか3カ月。2015年2月には、VAIOとBEAMSのコラボレーションモデルが発表され、2015年3月13日から、ウェブを通じて予約を開始した。

次ページ最初にデザインした意外なものとは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。