朗報!塩味を再現する「電流フォーク」が登場

塩分が気になる人に教えてあげたい

写真をクリックすると動画サイト(英文)にジャンプします

[2日 ロイター] - 日本の研究チームが、電流で舌の味覚を刺激して、人工的に食べ物の「塩味」を味わうことができるフォークを開発した。現代人の食生活改善で欠かせない「減塩」につながるとして期待されている。

この試作品のフォークは、ナトリウムの過剰摂取という健康上の障害なしに、食べ物を通して塩分の味覚を舌に伝えることができるという。

東京大学大学院情報学環・暦本研究室の中村裕美研究員は、6年をかけて、電流を使って味覚をつくり出す方法を考え出したと話す。

中村さんらのチームはこのフォークが、人工的に味覚をだます道具として初めて商品化され得るものだと考えている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。