ダビデ級の肉体は、どのようにして作るのか

東京ファイトクラブに超肉体派が登場!

計算尽くされたシンメトリーの肉体美を追求しています
一概にジムと言っても、その種類は様々だ。自宅近くのジムであれば事足りる、と思う人も多いだろうが、万人を受け入れるチェーン系のジム、個性ある個人経営のジム、格闘技やボディビル選手の育成機能を持つジム等、選択肢は幅広い。また、ジムに通う目的も人それぞれだ。
ただ、自分を追い込んでトレーニングをする人を見て、一度でも疑問に思ったことはないだろうか。何故、そこまでストイックに鍛えるのか。一体、何を目指しているのか……と。
これから貴方は、肉体美の骨頂を目にすることになる。

肉体美の骨頂

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

計算尽くされたシンメトリーの身体美を追求し、和久井拓は今夜もゴールドジム 原宿東京店に足を運ぶ。

筋肉を繊維レベルで鍛えていく

身体の各パーツに意識を集中させ、まずは100kg台のウエイトで筋肉に負荷を与えると、徐々にウエイトを下げて筋肉を繊維レベルで鍛えていく。

 ゴールドジムは、「ボディビルの聖地」と呼ばれるアメリカ・カリフォルニア州のベニスビーチを発祥とし、日本では全国60か所に展開している。ボディビルダー育成トレーナーを抱え、格闘家向けのジムを併設している専門性の高いジムだ。

ボディビルダーのみならず、多くの芸能人やモデルが通うことでも知られており、ここに通う人は、男女問わずストイックに自らを追い込んで鍛える人が多い印象だ。さて、和久井氏はどういう人物なのだろうか…?

次ページ和久井氏がジムに通い始めたきっかけ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。