富士市の産業支援に全国から視察が来るワケ

ノウハウを受け継ぎ、各地に「分身」が誕生

静岡県富士市の図書館の一角にあるf-Biz(エフビズ)。キャッチコピーは「日本一高い、チャレンジスピリット」だ(写真:筆者撮影)

富士山が目の前にそびえる、静岡県富士市。製紙業で知られる人口約25万人のこの街に、行列のできる相談所がある。富士市産業支援センターf-Biz(エフビズ)だ。地元だけでなく、飛行機や新幹線を使って遠方から続々と視察者が訪れるという。いったいこの相談所の何が人々を魅了するのか。現場を探ってみた。

場所は市立中央図書館分館の1階にある。どこにでもあるような薄暗い図書館。入り口横には「日本一高い、チャレンジスピリット。f-Biz」と書かれた赤い看板があり、中に入るとぱっと空気が一変した。壁一面に記事が貼られ、熱心にディスカッションする声が響いている。若いスタッフたちは忙しそうに働き、スケージュールを記したホワイトボードは、小さな文字で真っ黒に埋め尽くされていた。

カリスマ支援家が行う究極の地方創生

「よろしくお願いします」。大きな声で明るく迎えてくれたのは小出宗昭センター長(56)。カリスマ支援家と称される人物だ。静岡銀行員だった15年前、創業支援施設SOHOしずおかへ出向したことがきっかけとなり、産業支援施設の開設と運営に携わってきた。

これまでに手掛けた新規ビジネスは実に1200件以上。故郷である富士市から依頼を受け、2008年にエフビズを開設。チーム一丸となった「ワンストップ・コンサルティング」で次々と成果を出し、話題を呼んでいる。公的な施設なので相談料は無料だ。

相談者と真剣に向き合う小出宗昭センター長(右)

「ここで行っていることは、究極の地方創生なんです」

小出氏の言葉が示す通り、エフビズは結果を出し続けてきた。年間の相談件数は4000件以上。そのうち7割が売り上げ向上につながっているという。オフィスの壁一面に貼られている記事は、どれも支援に携わったビジネスにかかわるものだ。エフビズにはいくつものこだわりがある。膨大な経験を基に構築されたノウハウから生まれたものでもある。まず相手を否定しないこと。中には廃業寸前で「何とかしたい」とやって来る人もいる。だからこそ相手を尊重し否定しない。「すごいですね」「もったいないですね」などの言葉で勇気付ける。

そのほかには、おカネを掛けない/オンリーワンを見いだす/具体策を提示する/成果が出るまでサポートする――など、数え切れないほどの“こだわり”がある。「エフビズは病院のようなもの。われわれは中小企業のお医者さんです」と小出氏は例える。

次ページ小出流のコンサルはここが違う
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。