民進党大会「ハプニング続出」が象徴する多難

他の野党との協力関係の浅さも露呈

3月27日に行われた結党大会での岡田克也代表。まだ、党名になれていないのか、自身が参加していた「新進党」(1994~1997年)と口にしてしまった

民主党と維新の党が合併した民進党結党大会が3月27日、都内のホテルで開かれた。所属の国会議員をはじめ、招聘された外交使節や都道府県連役員など約900名が参加した。

まさに記念すべきスタートだが、なんと最初から躓きが生じてしまった。

「新進党」と読み間違え

まずは相原久美子参院議員(旧民主党)とともに進行役の議長を務めた坂本祐之輔衆院議員(旧維新の党)だ。松野頼久衆院議員に「経緯の説明」を求めた時だ。坂本氏は大会の成立を宣言した後、「では民主党が、民進党が結党に至った経緯の説明……」と、新党名を言い間違えた。

さらに新党の代表に就任した岡田克也氏が、「民進党」と言うべきところを「新進党」と読み違えた。そればかりではない。その後の新人事の発表では、新党の目玉であるはずの「山尾志桜里政調会長」を見事に読み飛ばしてしまった。

しかも岡田氏はすぐには気付かず、「以上です」と全ての人事を発表した後に、「あっ、失礼しました」と付け加えるうっかりぶり。「一番大事な人を忘れておりました」と苦笑しながら弁明したが、会場からは「大丈夫だ」「頑張れ」などと皮肉とも聞こえる野次が飛ぶ。モニターを通じてその様子をプレスルームで見ていた記者の間でも、失笑が漏れた。

一方で「救い」だったのが、松野頼久旧維新の党代表のスピーチだったかもしれない。

次ページ松野頼久氏のスピーチは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。