党名変更でピンチ!民主くん「雇い止め」危機

公認ゆるキャラの処遇はどうなるのか?

会見場の隅に押し込まれている民主くん

人生をかけて会社に貢献してきたのに、会社の都合でリストラされそうな社員と同じ気持ちではないだろうか――。民主党と維新の党の合流を巡り、民主党のゆるキャラである民主くんが絶体絶命の危機を迎えている。両党が新党結成に合意した2月24日、民主党は新党名やロゴ、綱領“など”について一新する方針を決定した。

"など"についても一新されるのであれば民主党のマークから生まれた「民主党のゆるキャラ」という民主くんの立場はなくなってしまうかもしれない。

「“など”が気になる、“など”が!」

党名変更の報道を聞いた民主くんは、ツイッターで「“など”が気になる、“など”が!」と、自らの去就に懸念を示した。

民主くんが誕生したのは2007年で、民主党所属の東京都議だった柿沢未途衆院議員らの発案によるものだった。ところがその柿沢氏が、いまや維新の党の一員として党名変更を強く迫る側に立っている。そして「産みの親である私が民主くんをリストラするということになってしまい、とても複雑な気持ちだ」と、その苦しい心中を明かしている。

これを機に、がけっぷちに立つ民主君の「人生」を、あえて振り返ってみたい。民主君の人生は、実に波乱万丈なのだ。

次ページ民主くんの波乱に満ちた「人生」とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。