新定番のフィリピン留学は、ココを見誤るな

留学ソムリエが現地で目にした、意外な側面

フィリピン留学に「勝手なイメージ」を持ってしまっていませんか?

語学留学の渡航先というと、以前は北米やオセアニア、イギリスがほとんどでしたが、ここ2、3年ですっかり様子が変わりました。新たな選択肢として、フィリピン留学を選ぶ人が急激に増えてきたのです。

皆さんはフィリピンにどんなイメージをお持ちでしょう? 「常夏で海がキレイそう」「渡航・滞在費が欧米より安そう」「人懐っこくてサービス精神旺盛な国民性」……。

もともとアメリカ留学が専門の筆者も、当初はその程度の印象しかなかったのですが、複数回現地を訪れて調査を重ねてみると、良くも悪くも「イメージとは違う」フィリピン留学の側面が見えてきました。以下、メリット、デメリットの両方を語っていきたいと思います。

「どこの資本で運営されているか」をチェックしよう

筆者がフィリピン留学に興味を持つようになったきっかけは、実際に留学カウンセリングを担当した学生たち。ここ数年、「セブ島で語学留学 → ワーキングホリデーやインターンシップに挑戦」というパターンが急激に増えたため、その謎を解明したいと思ったのです。

欧米に比べ「費用が安い」ということはありそうだけど、はたして理由はそれだけなのか……。そんな気持ちでいろいろ調べていくと、同じ「語学留学」というカテゴリーでも、欧米とフィリピンには大きな違いがあることがわかってきました。

まず押さえておくべき重要なポイントは、フィリピンには圧倒的に「韓国資本」の語学学校が多いということ。私自身、これまで学校がどこの国の資本で設立されているか、あまり気にしたことはありませんでしたが、実はこれが学校の運営スタイルや風土、カリキュラムに、少なからぬ影響を与えます。

次ページ韓国資本最大の特徴、それは「スパルタ」!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。