美辞麗句が並んだ「ヘッドハント」には要注意

突然やってくる電話には慌てずに対応しよう

年度末のこの時期、来年4月からの新年度に向けた人材獲得に向けてヘッドハンティング会社の動きが活発になるようです。

IT業界は他業種と比べると転職の多い業界といえます。しかも本場アメリカの日本法人が良いエンジニアの獲得に積極的です。そのため、外国人ヘッドハンターを多数抱える転職エージェントも存在します。

さて、ぼへちゃんに電話をかけてきたのは、そんな外国人ヘッドハンターのようです。英語です。ぼへちゃんの名前もまともに発音できないようなので、日本語での会話は期待できません。

ヘッドハンターのまくし立てる英語を良く聞いてみると、美辞麗句が並んでいます。

「あなたのプロフィールは素晴らしい」

「世界的なITコンサルティング企業の求人があります。給与も福利厚生も最高水準です。大きなキャリアアップのチャンスです」

良いことずくめの企業からの求人情報のようですが、世の中にそんなうまい話があるはずはないのです。

外資系コンサルティング会社といえば、「アップ・オア・アウト(上のポジションに行くか、それとも会社を去るか)」の厳しい世界。会社の求める高い成果を達成し続ければ確かに高待遇なんでしょうけど、そうでなければ数年で解雇されてしまう厳しい業界です。

要求される成果も年々高いものになるでしょうし、それを達成するには多大な時間と努力が必要。ワークライフバランスが保てない環境では、ぼへちゃんは付いていけません。美辞麗句で飾り立てられた求人情報には気をつけたほうがいいですよ!

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • Facebook-

『週刊東洋経済』月額プラン新登場。今なら、1カ月無料。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
自動車 風雲急

燃費不正、日産による三菱自救済、世界需要減速…業界は動乱期に突入。米Uber(ウーバー)などによるライドシェア、自動運転という技術革新の脅威も待ち受ける。業界の未来を見通す。

  • 新刊
  • ランキング