東芝、家電事業譲渡で基本合意

中国の美的集団に譲渡へ

 3月17日、東芝は、冷蔵庫や洗濯機などの白物家電事業を中国の家電大手、美的集団に売却することで基本合意したと発表した。今月末までの最終契約を目指す。写真はラスベガスで昨年1月撮影(2016年 ロイター/Rick Wilking)

[東京 17日 ロイター] - 東芝<6502.T>は17日、冷蔵庫や洗濯機などの白物家電事業を中国の家電大手、美的集団<000333.sz>に売却することで基本合意したと発表した。今月末までの最終契約を目指す。

美的集団への売却後も東芝ブランドでの開発、製造、販売が継続される予定。事業の売却金額については最終契約に向け協議中だとしている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
憲法改正の争点<br>自衛隊の明記をめぐり論争始まる

「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」と、安倍首相が5月3日に突如表明。2020年の新憲法施行を目標に自民党は動きだした。改憲は本当に必要か、論点を整理する。