「5人目のビートルズ」訃報に追悼広がる

イギリス首相らがコメント

 3月9日、ビートルズのほとんどの作品のプロデューサーを務めた英音楽プロデューサー、ジョージ・マーティン氏の訃報を受け、追悼の動きが広がっている。写真は「アビイ・ロード・スタジオ」の壁に書かれた追悼メッセージ(2016年 ロイター/Neil Hall)

[9日 ロイター] - ビートルズのほとんどの作品のプロデューサーを務めたことから「5人目のビートルズ」と呼ばれた英音楽プロデューサー、ジョージ・マーティン氏の訃報を受け、追悼の動きが広がっている。

ロンドンでは9日、ビートルズのアルバム名で知られる録音スタジオ「アビイ・ロード・スタジオ」前にビートルズのファンらが集まり、花を手向けたり、壁に追悼メッセージを書くなどしてマーティン氏の死を悼んだ。

ツイッター上でも追悼の動きは広がっており、キャメロン英首相や米音楽プロデューサーのクインシー・ジョーンズ氏らがコメントを寄せている。

元ビートルズのポール・マッカートニーさんは声明を発表し、マーティン氏との「素晴らしい思い出」を振り返った。

マーティン氏は8日、90歳で死去した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。