川添高志・ケアプロ社長--日本の健康診断費をワンコインにする男


病気の早期発見で医療費も税負担も減る

予防医療ビジネスを通じて、日本の医療費負担を軽減する--。「長野モデル」ならぬ「ケアプロモデル」。それが川添の最終目標だ。「たとえば、糖尿病患者が週3回透析に通うと治療費は年600万円弱。生活保護を受けている人は、全部税金で賄われることになる。もし、早期に発見して改善すれば、その分、医療費も税金も減る」。

国も昨年度から生活習慣病の原因とされるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の対策を目的とした特定健診・特定保健指導を開始。予防医療を強化する方向に傾きつつある。

とはいえ、国の医療費削減に貢献するには、1店舗では力不足。スポーツクラブやパチンコ店、あるいはイベントなどへの出張診療なども行っているが、客との接点を増やすには店舗の拡大は欠かせない。「米国のようなドラッグストア、あるいは駅ナカなど、もっと人が集まるところでやりたい」と言うが、現状では苦戦している。立地や費用といった採算面の問題もあるが、血液を扱うため、衛生面を気にする貸し手も多いようだ。

開業して1年足らず。事業拡大の本当の勝負はこれからだが、川添は「一人ひとりが健康になれば社会は元気になる。その手助けをケアプロはできる」と確信している。=敬称略=

(中島順一郎 撮影:尾形文繁、梅谷秀司 =週刊東洋経済)

川添高志(かわぞえたかし)
1982年生まれ。2005年慶応義塾大学看護医療学部卒業。経営コンサルティング会社、東京大学医学部付属病院を経て07年ケアプロ設立。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。