まだまだいける?! コンビニ飽和時代の出店戦略、量より質で強みを発揮

まだまだいける?! コンビニ飽和時代の出店戦略、量より質で強みを発揮

日本全国のコンビニの店舗数は、今年6月末で4万2204店(日本フランチャイズ協会調べ)にも達した。飽和が指摘される一方で、出店はいまだ続いている。

コンビニのフランチャイズ契約は通常10~15年だが、その間、付近に競合店が出現したり、街の開発が進んで人の流れが変わるなど、商圏内の状況が変化することは珍しい話ではない。そのため、今や各社とも出店の大部分はスクラップ&ビルド。つまり、店舗の置き換えによって売り上げの維持を図っている。たとえば、2008年度に874店と業界最多の出店を実施したセブン−イレブンの場合、うち429店は置き換えだし、これ以上むやみに店舗数を増やさない方針のローソンも、置き換えは盛んに行っている。

ファミリーマートも08年度は75店の置き換えを行った。それらの店の売上高合計は1・5倍に拡大。数値に含まれない小規模な置き換えも多く進めている。同社オペレーション本部長の高田基生氏は、「昔は人口が多い立地に出店すればよかった。だが、今は店舗がどう使われているかを考慮しなければ、地域のニーズはつかめない」とスクラップ&ビルドの極意を説明する。具体的な例(下図)を見よう。

ケース1はある地方都市で実際に行われた例だ。幹線道路沿いで営業するファミリーマート。店の裏には住宅地があり、徒歩圏内に固定客を多く抱えていた。開業してから30年、売り上げも順調だった。そんな中、店の前の幹線道路の拡張計画が持ち上がる。2車線から4車線に拡大することで交通量は増大、売り上げも上昇すると思われていた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。