悲鳴!「マタハラ」はこうやって行われている

マタハラ被害者座談会<前編>

職場に妊娠を報告して始まったのは信じられない嫌がらせ。3名の女性がそれぞれの経験を語ります。
妊娠出産をきっかけに、職場で不当な扱いや嫌がらせを受けることを指すマタハラ(マタニティハラスメント)。法律事務所でマタハラ被害の相談を受けている大渕愛子弁護士と、実際にマタハラを受けて苦しんだ経験のある3名の女性に集まってもらい、それぞれの体験を語っていただきました。

 

-Profile-
ミキティさん:26歳。子どもはもうすぐ1歳。配送センターに勤務していたが、ひとりの先輩から嫌味を言われ続け、自主退職に追い込まれる。
タカミさん:子どもはもうすぐ1歳。転職直後に妊娠が発覚。試用期間の終了と同時に解雇を言い渡されてしまう。
ミホさん:子どもは7ヶ月。女性の多い職場で理解があると思いきや、先輩達の妊娠体験をベースに物事を決められ悶々とする。現在育休中。

妊娠を報告した直後から始まったマタハラ

当記事は赤すぐnetみんなの体験記(運営:リクルート)の提供記事です

ミキティ:以前は配送センターで事務員として働いていました。意地悪な女の先輩がいて、妊娠前から「あなたは若いからいいよね〜」みたいな嫌味を何かにつけて言われてたんです。妊娠してからはそれがさらにエスカレートして、2人きりになるとネチネチと圧力をかけてくる。最終的には「あなたがいると迷惑だからもう辞めてくれない?」とまで言われました。

次ページ社内に保育所もあり、いい職場だと思っていたが…
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。