米深海で乳白色のミズダコ発見、あだ名はおばけの「キャスパー」

あだ名はおばけの「キャスパー」

 3月5日、米海洋大気局(NOAA)が、太平洋の深さ4290メートルの海底で、半透明のミズダコを発見。新種の可能性が高いという。NOAA提供(2016年 ロイター)

[ニューヨーク 5日 ロイター] - 米海洋大気局(NOAA)の調査用無人潜水艇が、太平洋の深さ4290メートルの海底で半透明のミズダコを発見したと5日発表した。ミズダコが深海で発見されたのはこれが初めて。乳白色のかわいらしい見た目から、おばけの出てくる映画にちなんで「キャスパー」とのニックネームが付けられた。

NOAAの動物学研究員マイケル・ベッキオーネ氏によると「頭足類なら通常持っている色素細胞がなく、筋肉もほとんど見当たらないことから非常に珍しい生物だ」といい、新種の可能性が高いという。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
最新 経済指標の読み方・使い方

10年以上に及ぶ政府統計の大改革が始まった。実態をより理解できるようになれば、ビジネスでも活用の幅が広がる。経済指標を日々チェックしているエコノミストが活用術を伝授。