遊びで済まない!中学生「失神ゲーム」の危険

友達と同意のうえでも、犯罪になる可能性が

「失神ゲーム」の結果、「犯罪」として検挙されるケースが後を絶たない(写真:msv / PIXTA)

胸を圧迫するなどして相手の気を失わせる「失神ゲーム」の結果、暴行・傷害事件として検挙されるケースが後を絶たない。2月中旬には、新潟市に住む中学2年の男子生徒2人(いずれも14歳)が同級生に暴行を加えたとして、新潟県警に暴行容疑で逮捕されたと報じられた。

失神ゲームは「気絶遊び」などとも呼ばれていて、数十年前から、遊び感覚で子どもたちの間で行われてきたという。だが、脳が酸素不足になることによって、後遺症が残ったり、最悪の場合、死に至る危険がある。

友人同士で面白がってやってしまうケースもあるだろうが、こうした「失神ゲーム」は法的にどんな問題があるのだろうか。お互い了解した上でやっていたとしても、罪に問われる可能性があるのだろうか。刑事事件に詳しい藤本尚道弁護士に聞いた。

無呼吸状態から酸欠になり、失神へ

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

「失神ゲームで気を失わせるメカニズムは、まず過呼吸状態にして脳に『酸素は足りている』と錯覚させることから始まります。その状態で、胸を圧迫するなどして呼吸を止めさせると、脳が酸素を求めないため無呼吸状態となってしまい、ついには酸欠となって失神に至ります」

法的にはどのような位置づけになるのか。

「刑法の基本から考えてみましょう。刑法上の『傷害』の意味は、人の生理的機能に障害を加えることだと考えられています。

失神は一過性の意識消失発作であり、生理的機能の障害ですから、わざと失神させてその状態がある程度継続した場合には、具体的にケガなどをさせなくとも、傷害罪が成立します」

次ページ暴行罪や傷害罪になるケース
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。