公的資金の出資第1号、エルピーダ救済の成否

公的資金の出資第1号、エルピーダ救済の成否

「エルピーダメモリ株式会社、代表取締役社長坂本幸雄殿……事業革新を行う者として認定する」(二階俊博経済産業大臣)。さる6月30日、公的資金を一般企業に出資する改正産業活力再生法の第1号に、エルピーダメモリが認定された。

日本政策投資銀行が300億円の優先株引き受けと100億円の融資を行い、政府が出資に対しては最大8割を保証する。主要取引銀行も1000億円の協調融資を実施。さらに2009年度中をメドに台湾政府が準備を進めるDRAM事業統括会社(TMC)が、約200億円出資する予定だ。

調達する1600億円は、有利子負債の返済に充てるほか、最先端の生産設備に投資する。「次世代技術への投資余力がなくなれば競争から振り落とされる」(坂本社長)。

構造的な過当競争

エルピーダは1999年に、NECと日立製作所のDRAM事業が統合して設立。03年には三菱電機の同事業も加わり、国内唯一のDRAMメーカーとなった。坂本社長は02年の就任後にインテルなどから出資を受け、04年には株式上場するなど資金を調達。NEC、日立時代にないスピードで投資を決め、05年3月期から07年3月期までは営業黒字化に成功した。

しかし07年後半から、DRAM価格は大幅に下落している。6ドルだった1ギガビット製品は、08年12月に60セント割れまで落ち込んだ。最大手の韓国サムスン電子さえ採算割れとなり、最悪期には業界の誰もが変動費さえ賄えない価格水準に陥った。

直接の原因は、金融危機で資金繰りに窮した海外メーカーが損失覚悟で在庫処分に走ったからだ。DRAMは標準品でスポット価格が決まるため、1社が安値に走ればスポット価格は下がり、大口価格も引きずられてしまう。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。