広告代理店の「パワポ離れ」が進んでいる

「議論を深めること」を重視

パワーポイントによるプレゼンはもう古い!?(写真:Graphs / PIXTA)
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

クライアントへのプレゼンの場で、パワーポイント(PowerPoint)の使用を避けるエージェンシーが増えているという。

少なくとも、100人の従業員を抱えるニューヨークのエージェンシー、ワーク・アンド・コー(Work & Co.)において、それは事実だ。同エージェンシーは最近、パワーポイントなどのソフト、およびプレゼン資料(通称「デッキ」といわれている)の使用を禁止した。創設者のジーン・リーベル氏は、「あれは最悪だ」と語っている。

ワーク・アンド・コーでデッキを使ったプレゼンを禁止する必要があったのは、プレゼンを取り仕切る者が、その場を支配するのを防ぐためだ。リーベル氏は「すべてをコントロールしたがる公判中の弁護士のようなものだ」と「デッキ」の使用を嫌っている。つまり、パワーポイントは交渉の場に最適ではないということだ。

クライアントにとって負の遺産

クライアントとエージェンシーは以前から、パワーポイントなどを常用する習慣について不満を述べてきた。これは、かつて商品を売ることだけを考えていたクライアントが、マスマーケット向けの広告やマスマーケティングについて、ほとんど何も知らなかった時代の負の習慣である。米ドラマ『マッドメン(原題:Mad Men)』さながらに、エージェンシーが広告キャンペーンや戦略のプレゼンテーションを、一方的に披露しているような状態になるからだ。

だが、時代は移り変わり、クライアントは以前よりも賢くなった。エージェンシーが提案しようとしていることに対して、もっと意識するようになっている。パワーポイント離れをしたいと思っているのは、リーベル氏だけではない。同様の変化は、マーティン・エージェンシー(Martin Agency)でも起きているという。

次ページきっかけはオフィスのリフォーム
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • Facebook-
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
「グッバイジャパン」の悪夢

外国人投資家が日本株を見切り始めた!アベノミクス相場の買いの主役であった中東資金や欧米ファンドが猛烈な「日本売り」に転じている。このまま海外勢から見放されてしまうのか。

  • 新刊
  • ランキング