小型iPhone、アップルが3月15日に発表見通し

4インチ画面の「iPhone5se」が登場?

 2月12日、米アップルは3月15日、次期アイフォーンとアイパッドを公開する目標を掲げている。写真はアップルのロゴマーク。ミュンヘンで1月撮影(2016年 ロイター/Michaela Rehle)

[12日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は3月15日、次期「iPhone(アイフォーン)」「iPad(アイパッド)」モデルを公開し、同じ週の販売開始を目指している。

テクノロジー関連サイトの9to5Macが、関係筋の話を引用する形で伝えた。

同サイトによると、公開されるのは、新型のアイフォーン「5se」(4インチ)と、アイパッドAir(エア)。事前注文を受け付ける公算は小さいという。

アイフォーン5seの投入で、より大型画面の6Sや6Sプラスに買い替えることなく、高い処理速度を求める顧客のハードウェア更新を促す狙いだ。

アップルのコメントは現時点で得られていない。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。