国をつくるという仕事 西水美恵子著

国をつくるという仕事 西水美恵子著

専門は経済学で、経歴は銀行家。前世界銀行南アジア地域担当副総裁の著者の情熱は「リーダーシップ・メンター」にあるようだ。

キャリアに貫かれているのは大いなる情熱。世銀の「官僚的な組織文化をひっくり返して、貧民に仕える文化に変えたかった」。「途上国の草の根で出会ったリーダーすべてに共通する『正しいことを正しく行う』情熱」に学び、部下にも「職種は何でも、仕事が単なる仕事ではなく、情熱になるように」仕向ける。

真骨頂は管理職に就くとともに、途上国の貧村にホームステイをするように促したことに現れる。尻込みする部下には「ついて来い」と自ら率先する。「世界銀行の顧客は誰なのか。貧しさに喘ぐ人々。政界や財界の権力者ではない」。

2003年、著者は突然退職して世を驚かせた。「私が率いたタイプの改革は、リーダーのDNAに染まりがち。そうならないうちに辞めるべし」と。「第二の緒方貞子」と違う道を歩む。

英治出版 1890円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。