チャットアプリ「Slack」を知っていますか?

ビジネスコミュニケーションが円滑になる!

急速にユーザーを増やしているチャットアプリ「Slack」、いったいどんなものなのか?

どのニュースルーム(新聞社の編集部)も、大量に押し寄せるメールに困り果てている。どのような手段を用いても、早く処理したいところだ。救世主となったのが、チャットアプリ「Slack(スラック)」である。

このアプリは3年前にデベロッパーのために開発されたものだが、現在パブリッシャーの間で大人気だ。Slackはシンプルなインターフェイスと、PC&モバイルを横断して利用できる点が評価され、大企業などビジネスシーンで利用が加速し、急速にユーザーを増やしている。

社内コラボの潤滑油に

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

毎日Slackに数千件ものコメントを残すユーザーが多く存在するニューヨーク・タイムズでは、各部署のものを合わせると約200本のSlackチャンネルを運用。それらの多くは商品開発チームのものだが、編集側でも特集記事や海外記事に特化されたチャンネルを運用している。

「私たちはコミュニケーションツールとしてずっとチャットを利用してきたので、チャット自体は目新しいものではない」と、ニューヨーク・タイムズのニュース編集室でストラテジーエディターを務めるタイソン・エヴァンズ氏はコメント。「メールやインスタントメッセージではどこで会話が始まるか分からなかったが、Slackでは特定のチャンネルがあるので分かりやすい。スタッフが何かをはじめる時に最初に使用するツールとなった」。

次ページ管理職とのコミュニケーションにも役立つ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
メルカリ&ZOZOTOWN<br>流通新大陸の覇者

流通業界で新旧交代が起きている。新しい主役は「ネットで服は売れない」という常識を覆したゾゾタウンと、フリマアプリで新市場を作ったメルカリ。拡大する流通新大陸をリポート。